JGC サービスステータス

【JAL】JMBサファイア会員になったのでメリットをまとめみた

2016年年末に実施したマイル修行の甲斐もあり、無事通算FOPが50,000ポイントとなりサファイア会員になることができました!

マイル修行についてはこちらで詳しく書いています。

初めてのマイル修行!OKA-SINやってきた

JMBサファイア会員になった節目としてサファイアのメリットについてまとめましたので、是非ご覧になってください。

スポンサーリンク

JMBサファイアとは?

JMBサファイアとは登場回数が多いJMB会員に付与されるJALサービスステータスのうち、セカンドステップのステータスです。
ANAでいうと「プラチナサービス」に該当します。

以下の基準を満たすと、晴れてJMBサファイアステータスを得ることができます。
JMBクリスタルが30,000FOPだったのに対し、JMBサファイアは50,000FOPが必要になります。

  • 毎年の1月~12月の12ヵ月間(暦年)で50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLY ONポイント)以上
  • または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ONポイント以上
    ※ご搭乗回数は、JMBのマイル積算対象運賃によるご搭乗が対象となります。

 

JMBサファイアのメリット

JMBサファイアでは以下の様々なメリットを享受することができます。

基本的にはJMBクリスタルのメリットにサファイアのメリットがAdd Onされる形になります。
そのため、この記事ではサファイアからAdd Onされるメリットについて記載します。

なお、JMBクリスタルのメリットについてはこちらに記載しているので、見てくださいね。

【JAL】JMBクリスタル会員になったのでメリットをまとめみた

JALグローバルクラブ(JGC)への入会資格

これこそが多くの方々がサファイアを目指す大きな理由です。一度サファイアになるとJGCへの入会資格が取得でき、一度JGCに入会してしまえばJALカードの年会費(最低10,800円※2017年3月現在)を支払う限り、半永久的にJMBサファイアとほぼ同じサービスを受けることができます。

この"一度入ると半永久的に"というのがミソで、これがあるからマイル修行僧が増えているわけです。1年頑張って資格を取ってさえしまえば、もう修行をする必要もなく、サファイアのメリットを享受できるからです。

ちなみに、私もその一人です。

マイルUPボーナス

JMBクリスタルでもマイルUPボーナスはありましたが、JMBサファイアだとさらにUPするボーナスが増えます。

JMBサファイアの場合、通常のマイルに加えて以下のマイルがボーナスとして付加されます。

  • JALグループ便、アメリカン航空便:105%
  • ブリティッシュ・エアウェイズ便:100%
  • イベリア航空便:50%

JMBクリスタル以上にメリットが大きいですね。
エコノミー割引運賃であるダイナミックセイバー(マイル積算:50%)で羽田→ホノルルに行った場合、通常のJMB会員だと1,916マイルですが、クリスタルだと3,928マイルとなります。
往復で約4,000マイルも追加で付加されるため、かなり大きなメリットになります!

ちなみに割引がないエコノミー料金の場合、通常のJMB会員だと3,831マイルですが、JMBサファイアだと7,854マイルとなります。往復するだけで15,000マイルたまるので、国内線1往復できてしまいます。
※通常料金はかなり高いので、出張等でない限りこの料金で乗ることはないと思いますが

空港でのメリット

JMBクリスタルでは国内線はクラスJだけだったりなど、一部制限がかかっていましたがJMBサファイアはそのような制限がなくなります。

専用カウンターでのチェックイン

国内線戦はJALグローバルクラブ(JGC)カウンターでチェックイン可能です。
国際線はファーストクラスのカウンターでチェックイン可能になります。

通常のエコノミーのチェックインカウンターは混む時はかなり混むので、あまり並ばずにチェックインできるのも大きなメリットになります。

プライオリティパッケージ

預けた荷物にプライオリティタグをつけてもらえます。
このタグがついていると到着後、優先的に荷物が出てくるので大変便利です。

受託荷物の制限緩和

JALの受託荷物は通常だと以下の制限があります。

No 分類 利用
クラス
個数 1個あたりの重量
1 国際線 ファースト 3個 32kg/個
2 ビジネス 3個 32kg/個
3 エコノミープレミア 2個 23kg/個
4 エコノミー 2個 23kg/個
1 国内線 ファースト なし 45kg/全部
2 クラスJ なし 20kg/全部
3 エコノミー なし 20kg/全部

上記に加えてJMBサファイアの場合は以下の通りさらに制限が緩和されます。

  • 国内線:通常+20kg
  • 国際線:通常+1個

JMBクリスタルと比較し、国内線の重量が+10kgになっています。
国内旅行に1人で40kgも持っていくことはないと思うので、意識する必要のない制限だと思います。

JALグローバルエントランス/ファストセキュリティレーン

国内線はJALグローバルエントランス、国際線はファストセキュリティレーンが利用できます。
通常の荷物検査に比べてあまり並ばずに検査できるので、こちらもメリットが大きいですね。

優先搭乗

飛行機に搭乗する際に、優先して飛行機に搭乗することが可能です。
優先して乗ることで座席まですぐ行けますし、荷物も近いところを確保できるので、結構便利なサービスです。

空港ラウンジ

JMBサファイアの中でJGC入会資格の次に大きなメリットとしてあげられるのが、この空港ラウンジの利用です。JMBサファイア会員であれば同行者1名まで国内線・国際線共にサクラ・ラウンジが使用できます。

また、ワンワールドに加盟している航空会社であれば各国の航空ラウンジを使用することができるようになります。

国内線ラウンジは食事はおつまみ程度ですが、お酒は飲み放題です。国際線の場合はお酒ももちろんのこと、ブッフェ形式でご飯も食べ放題になります。ラウンジについては別の記事で詳しく書く予定ですので、書いたら更新します。

その他サービス

JALとっておきの逸品

JALのホームページからマイルと商品を交換することができるようになります。
こちらはギフトでも利用可能ですが、やはりマイルは航空券と交換するのが一番費用対効果が高いので、あまり使用することはないかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。
JMBサファイアは多くの人が目標とするステータスとなります。JMBクリスタルに比べてより質の高いサービスが提供され、JGCの入会資格ももらえるので、狙える人は是非獲得したいですね。

皆様も「あと少しでJMBサファイアになれる!」という方は取らないと勿体無いので、マイル修行も視野に入れて是非頑張ってみて下さい。

-JGC, サービスステータス

© 2021 マイルの匠