training-img

マイルを貯める マイル修行

初めてのマイル修行!OKA-SINやってきた

お久しぶりです。

2016年中のJGC資格獲得を目指し、9月に生まれて初めてマイル修行をしてきました。
修行した区間はマイル修行ではお馴染みのOKA-SINルートです!

その流れを簡単に紹介したいと思います。

スポンサーリンク

OKA-SINとは?

OKA-SINとはその名の通り、「沖縄」<->「シンガポール」を成田経由で移動し、FOP(JAL)やプレミアムポイント(ANA)を貯めることを指します。※今回はJGCを目指しますので、JALについてのみ触れていきます。

ここでのポイントは、沖縄発にすることで「沖縄」<->「成田(羽田)」間が国際線扱いになることです。国際線扱いになることでマイル還元率が100%となり、通常の早割等を利用した国内線旅行よりも多くのFOPを貯めることができます。
また、通常「成田(羽田)」<->「沖縄」は早割を駆使しても往復4〜5万かかってしまいますが、「沖縄」<->「シンガポール」の旅費は「成田」<->「シンガポール」の旅費+1万円程度で行けるため、非常にコストパフォーマンスが高いのです。

 

なぜシンガポールなのか

なぜシンガポールが行き先でお勧めかは色々なサイトでも紹介されていますが、簡単に言うと以下のメリットがあるからです。

  • 最低滞在日数*1が3日間
  • 運賃がシーズンに依存しにくく、他路線と比較して安い
  • FOP係数が1.5倍内で距離が最長クラスのため、FOP単価が低い

*1 ダイナミックセイバーで安くチケットを購入できる最低滞在日数

そのため、私のような会社員で土日や3連休を利用してマイル修行するしか選択肢がない人にはお勧めというわけです。
あと、シンガポールのチャンギ空港はとても広く、楽しめるといった観点も+αの材料です。

それではOKA-SINの流れをこれから紹介していきます。

また実際のOKA-SIN旅行記はこちらに記載したので、是非見てください。

初めてのマイル修行!OKA-SINやってきた[旅行記]

 

航空券の取り方

航空券の取り方ですが、基本的な手順は以下の2STEPです。
※「羽田」は最寄り空港に適宜読み替えてください

  1. 「沖縄」<->「シンガポール」のチケットを予約する
  2. 1に合わせて別途「羽田」<->「沖縄」のチケットを予約する

私が移動した経路は以下となります。
上記の1がNo.2-5、2がNo.1,6にあたります。

No 便名:時刻 経路
1 JL903 7:55‐10:30 羽田‐那覇
2 JL6186 12:20‐14:55 那覇‐成田
3 JL711 18:02‐(2日目)00:50 成田‐シンガポール
4 JL038 (3日目)1:50‐9:50 シンガポール‐羽田
5 JL913 11:30‐14:05 羽田‐那覇
6 JL918 18:35‐20:50 那覇‐羽田

「沖縄」<->「シンガポール」のチケットを予約する

「沖縄」<->「シンガポール」のチケットはJALのホームページから予約するだけですが、ここのポイントが2つあります。

  • シンガポール着・発の時間が翌日になるような便を予約する
    ->飛行機の中も最低日数に加算されるため、これを実施することで0泊3日日程での旅行が可能となります。(しんどいですがw)
  • 「沖縄」<->「羽田(成田)」間はなるべくクラスJを予約する
    ->クラスJの方がマイル、FOPが多く溜まります。+1000円必要となりますが、FOP単価や快適さを考慮するとこちらがお勧めです。

「羽田」<->「沖縄」のチケットを予約する

これらは国際線とは別でチケットを購入する必要があります。
注意点としては、国際線チケットとは別予約のため、国際線が天候等で遅延した際に乗り継ぎが考慮されません。
そのため、ある程度時間に余裕を持って予約することをお勧めします。

 

ホテルを予約する

シンガポール着が夜中の1時前となりますので、次の日にちゃんとシンガポール市内を旅行しよう!と考えている人はホテルを予約した方が良いです。

ちなみに私は費用重視で「Aerotel Transit Hotel, Terminal 1, Singapore」に泊まりました。
予約はExpediaで行い、6時間宿泊で約4,000円でした。
※シンガポール市内のホテルは高めなのでタクシーで市内に出ること考えると空港の中に泊まることをお勧めします!
部屋はかなり狭かったですが、シャワーもあり、寝る分には全く問題なかったです。
Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】ハワイのホテル予約

実際に溜まったマイル・FOP

今回の修行で溜まったマイル・FOPは以下の通りです。
やっぱコスパがいいですね!

No 便名:時刻 経路 マイル FOP
1 JL903 7:55‐10:30 羽田‐那覇 1,205  1,476
2 JL6186 12:20‐14:55 那覇‐成田 1,279  2,368
3 JL711 18:02‐(2日目)00:50 成田‐シンガポール 3,809 2,884
4 JL038 (3日目)1:50‐9:50 シンガポール‐羽田 3,560 2,884
5 JL913 11:30‐14:05 羽田‐那覇 1,082 2,564
6 JL918 18:35‐20:50 那覇‐羽田 1,095 1,476
合計 12,030 13,652

かかった費用は旅費とホテル代含めて125,180円だったので、FOP単価は125,180/13,652=9.17でした。
「羽田」<->「ホノルル」がFOP単価20くらいのため、以下にコストパフォーマンスが良いかが分かります。

まとめ

マイル修行を実施した感想としては、やはり0泊3日はしんどかったです。
ただ、シンガポール自体が1日である程度観光できることを踏まえると、楽しく旅行できたかなと思っています。

皆さんも是非計画してみてはいかがでしょうか!?

-マイルを貯める, マイル修行
-,

© 2021 マイルの匠