フライト

マイルを貯める

マイルを効率的に貯める(フライト編)

前回の記事ではマイルの説明とマイルを貯めることのメリットについて記載しました。

今回は1の飛行機に乗って付与されるマイル(フライトマイル)をなるべく効率良く稼ぐための方法について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

フライトマイルとは?

フライトマイルは飛行機に乗るだけで貯まるマイルです。

このフライトマイルは一般的に以下のように計算されます。

フライトマイル = 搭乗区間の区間マイル × 利用運賃のマイル積算率 ・・・・・ ①

何言ってんのかよくわからん!という方に噛み砕いて説明すると、
搭乗区間が長ければ長いほどフライトマイルが多くもらえる
・ファーストクラスやビジネスクラスで搭乗した場合はフライトマイルが多くもらえ、ツアーなどの格安航空券の場合はフライトマイルが少なくなる
ということです。

なお航空会社ごとにフライトマイルがどの程度貯められるかのシミュレーションサイトがあるので、そちらでイジイジしてみるのが一番わかりやすいです。

【シミュレーションサイト】
JAL:http://www.jal.co.jp/cgi-bin/jal/milesearch/save/flt_mile_save.cgi
ANA:https://cam.ana.co.jp/amcmember/ppsja?ppsType=D

ボーナスマイルとは?

上記のフライトマイルの算出方法を見ると、あまり工夫点がないように思えますが、上記以外にボーナスマイルという考え方が存在します。
これはフライトマイルの◯%をボーナスマイルで差し上げますよ!というもので、これを利用すると結局のところ、以下のようになります。

獲得フライトマイル = フライトマイル(①) + ボーナスマイル(①×ボーナス率)

このボーナスマイルをきちんと取ることが大事です。

このボーナスマイルを取得する手段が、航空会社提携のクレジットカードを作ることです。

例えばJALの場合、クレジットカード有無で付与されるマイル数は以下の通りです。(2016/1/28時点)

電子マネー クレジットなし クレジットあり
初回入会
ボーナスマイル
なし 最大5,000マイル
毎年初回搭乗
ボーナスマイル
なし 最大2,000マイル
搭乗ごとの
ボーナスマイル
なし フライトマイルの最大25%プラス
【参考】東京-福岡(片道)のマイル
(積算率:100%)
567マイル 最大709マイル

クレジットカードを持っているだけで上記のように通常より多くのボーナスマイルがもらえます。
JALの最安年間費は2,160円/月ですが、1マイルあたり2〜3円とすると、年間1回でもJALに乗れば2,000マイルもらえるので元が取れることになります。

またクレジットカードも普通カードからゴールドカードまであり、年間費も2,160円〜数万円レベルであります。原則、年会費が高ければ高いほど(クレジットカードのステータスが高いほど)ボーナスマイルも多くなります。

細かくはカードの種類等で変わるのですが、これは航空会社別に別途ご紹介します。

さらに多くのボーナスマイルを得るには?

さらに多くのボーナスマイルを得る方法として、各航空会社の上級会員になると上記の倍以上のマイルがつきます。

ただ上級会員になるにはかなりの頻度で飛行機に乗る必要がありますが、航空会社のラウンジ(クレジット会社のラウンジよりも格段に上質)に入れたり、エコノミーなのにビジネスクラスでチェックインできたり、荷物が最初の方に出てきたり素晴らしいサービスを受けることができます。
こちらについても別の機会で触れたいと思います。

-マイルを貯める
-

© 2021 マイルの匠